もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【15.08.15】「戦争法案は必ず廃案に!」--9条を守ろうと、すやま初美参院愛知選挙区予定候補、林のぶとし元愛知県議、愛知県委員会の皆さんと宣伝しました。

カテゴリー:

 
終戦から70年の8月15日、「戦争法案は必ず廃案に!」--9条を守ろうと、すやま初美参院愛知選挙区予定候補、林のぶとし元愛知県議、愛知県委員会の皆さんと宣伝しました。

70年前の戦争で尊い命を奪われたアジアの2000万人、日本の310万人もの方々に心からの哀悼の意を表し、二度と戦争はしないと誓った平和憲法を守り生かす決意を語りました。

すやま初美参院愛知選挙区予定候補は、「初美」という名前は19歳で戦争でなくなった大叔母様の「はつえ」さんから「初」の字をとった名前で、平和の願いが込められた名前であることを紹介し、武力でなく、話し合いで解決する平和協力構想など平和への思いを語りました。

私は、長崎の被爆者の谷口稜曄さんの被爆70周年の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典での「平和への誓い」の思いを愛知にも伝えたいと紹介しながら、被爆者の方々はじめ平和を願う多くの人々の思いを根底から覆す戦争法案は必ず廃案に!と訴えました。

手を振って応援してくださる方、写真を撮ってくださる方、そっと聞いていてくださる方など、皆様、本当にありがとうございました<(_ _*)><(_ _*)><(_ _*)>

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)