もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【15.06.15】要支援1、2の方を介護保険から排除することはやめるべきです!!!

カテゴリー:

要支援1、2の方を介護保険から排除することはやめるべきです!!!

☆三重県桑名市日本共産党後援会ニュースより

昨年、成立した医療介護総合確保推進法の内容で・・・利用者に不利益になっていると。
桑名市では、三重県で唯一、本年4月から地域総合支援事業(要支援1、2の訪問介護、通所介護を保険から外し、市町村の地域総合支援事業に移すもの)に移行し、現場で混乱が起こり、利用者に不利益が出始めています。

◆88歳女性で1人暮らし。
要支援1の認定を受け、昨年11月頃、包括支援センターに娘さんと相談にいったが、地域生活応援会議が10月より始まっているので、まずは近くの公民館サークルの利用をと勧められた。それから1人で過ごすうちに、閉じこもりや認知症状がすすみ、要介護1と悪化された方が・・・。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)