もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【15.04.06】リニア国会質問を受け、財務省関東財務局からJR東海への「お願い」文書――本日、この文書が届きました

カテゴリー:

【住民の皆さんを無視したリニアのための国有地売却問題についての情報】

本日4月6日、財務省から、JR東海にリニア用として売却した国有地(東京都町田市と川崎市の県境の立て坑の予定地)に関して「売買契約の締結にあたっての依頼について」というこの文書が届きました。
 3月20日の国土交通委員会での私の国会質問を受けて、関東財務局がJR東海あてに出したとのことですが・・・。

  私の質問は、住民の皆さんに説明することなく、意見も聞くことなく国有地を売却するべきでない、国土交通大臣がいつもJR東海に言っている「丁寧な説明」を国自身がやっていないではないか、という趣旨でした。
  しかし、結局、住民の皆さんへの説明も意見を聞くこともないままに3月30日にその立て坑予定地の国有地は売却されました。

 その3月30日に関東財務局は、JR東海に「お願い」文書を出したのです。
?安全に配慮した工事の実施
?丁寧な住民説明
上記の2点は当然のことで、JR東海にやらせなければならないことですが、国自身が住民の皆さんに「丁寧な説明」もせずに意見も聞かずに国有地を売却したことは大問題で、引き続き、いくらで売却したのかなどこの問題を含め、リニアの問題は追及していきます。

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)