もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【15.03.13】衆議院予算委員会で2015年度政府予算3案に対する組み換え動議提案理由説明を行いました

カテゴリー:

 
3月13日、衆議院予算委員会で2015年度政府予算3案に対する組み換え動議提案理由説明を行いました。
 以下はその内容です(5分以内で述べる困難さを痛感しました)。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 2015年度政府予算3案に対する組替動議提案理由説明
2015年3月13日 予算委員会
日本共産党 本村 伸子

 私は、日本共産党を代表して、2015年度政府予算3案につき政府がこれを撤回のうえ編成替えを求めるの動議について、提案理由及び概要について説明いたします。

 2015年度政府予算案は、昨年の消費税増税による景気の悪化で国民生活が深刻な影響をうけているにもかかわらず、社会保障をいっそう削減し、その一方で、大企業を優遇する減税と軍事費の拡大をおしすすめ、国民生活を犠牲にする予算となっています。
消費税10%増税は「先送り実施」ではなく、きっぱり中止すべきです。国民の暮らしを最優先にする経済政策に根本的に転換する必要があります。

 以上の立場から、2015年度予算案を抜本的に組み替えることを要求いたします。

 次に、編成替えの概要について、その主な点を説明いたします。

 第1に、「自然増削減」と称して、社会保障費を大幅に削減することを中止します。
介護報酬の削減、年金の実質減額、後期高齢者医療保険料の引き上げ、生活保護の切り下げなど、社会保障の改悪を全面的に見直します。

 第2に、法人実効税率を2年間で3.29%引下げ、1.6兆円もの減税を実施するなどの大企業優遇の減税措置は、巨額の内部留保をさらに増やすだけであり、中止します。

 第3に、最低賃金の引き上げ、異常な長時間労働を是正し、雇用を守ります。
賃上げ実現のため、社会保険料を減免するなどの中小企業への支援を抜本的に拡充します。
「残業代ゼロ」制度の導入や労働者派遣法改悪を中止し、ブラック企業規制法を制定して、非正規から正規への流れをつくります。

 第4に、日本農業に壊滅的打撃を与え、地域の雇用と経済を破壊するTPP交渉からただちに撤退します。農協「改革」の押し付けを中止します。

 第5に、教育予算を拡充し、全学年にわたる35人学級の早期実現をすすめます。
子どもの医療費無料化を国の制度とし、保育料・幼稚園授業料の減免、児童手当の18歳までの拡大など、子育て支援を強めます。

 第6に、東日本大震災から4年を経てもなお23万人にも及ぶ人々が避難生活を強いられています。住宅と生業、地域社会の復興を最優先に国の支援を抜本的に強化します。
原発事故は収束どころか、いまだに原因究明されていません。原発再稼働をやめさせ、原発からの撤退をすすめます。

 第7に、公共事業は、大型開発中心から老朽化対策などのくらし・福祉優先に転換します。
 リニア中央新幹線計画は、自然環境、生活環境を悪化させるものであり、JR東海の工事着工をやめさせます。

 第8に、沖縄・辺野古への新基地建設を撤回し、普天間基地の即時閉鎖・無条件返還を求めます。
 軍事費の拡大は、周辺諸国との軍事緊張を高め、東アジアの平和づくりに逆行するものであり、中止します。
 集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回し、安全保障法制づくりは即刻中止します。

 第9に、政党助成制度を廃止し、政治腐敗の根源である企業・団体献金を全面禁止します。

 以下、編成替えの内容はお手元配布の文書のとおりです。
 委員各位の御賛同をお願いし、趣旨の説明をおわります。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)