もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・08・10】かどはら武志東郷町議、前田さおり町議選予定候補とともに町政報告会に参加/天白川の様子/「へいわのわ」キャンドルナイト

カテゴリー:

 
 8月10日午前中、東郷町へ行き、かどはら武志東郷町議、前田さおり町議選予定候補とともに町政報告会に参加させていただきました。
 暴風警報は出ていない状況でしたが、強めの風、少しの雨のなか、参加してくださり、活発な意見交換をしてくださった皆さんに感謝感謝です。

 まず、かどはら武志東郷町議から、18才までの医療費無料化や、巡回バス「じゅんかい君」を走らせ、改善させてきたことなど町民の皆さんの声を議会に届け、皆さんと力を合わせて実現してきたと報告がありました。
一緒に奮闘し、尊敬してきた中川町議が亡くなり、1議席になってしまい、中川町議の議席を引き継ぐ前田さんの議席が必要なことなどもお話がありました。
  区画整理事業「セントラル開発」については、情報公開を求め、過大な事業にならないように引き続きチェックしていくと報告されました。

 前田さおり町議選予定候補候補からは、自ら経験した保育園の待機児童問題を解消する決意、介護職員として働いて実感した介護保険制度そのものが知らされていない問題や国の制度改悪のなかで東郷町で安心できる介護制度をつくっていく決意が述べられました。

 また、東郷町は、財政力指数は全国で170位で、全国の中では上位グループに入っており、この財政を安心・安全、平和な街づくりに生かしたいと語りました。

 私からは、安倍政権の暴走と東郷町というテーマでお話をさせていただきました。

 参加者から、「前田さん、もう議員みたいにしっかりしていて頼もしい!」、「かどはらさんのお話で大型商業施設『ララポート』と『セントラル開発』の話がよくわかった !」、「介護の現場で働いているが、戦争はダメ、安倍さんはひどいとテレビを観ながらお年寄りたちが言っている。戦争する国にさせないためにがんばってほしい」などなどの声もだされました。

 くらし・命・平和憲法を守る砦、日本共産党を東郷町議会でもぜひ大きくしていきたいです。

 東郷町の皆さん、本当にありがとうございました!!

 

 

天白川の様子

 
 台風がきており、気になって、以前、天白区野並支部、後援会の皆さんと一緒に愛知県に申し入れをした箇所を観てきました。正午過ぎには、洪水ということではなかったのですが、被害がでないことを祈るばかりです。

 

 

 

 

「へいわのわ」キャンドルナイト

 
 8月10日、「へいわのわ」キャンドルナイトに参加しました。

 写真をうまく撮れませんでしたが、キャンドルに灯す火は、広島にとりにいってくださり、「原爆の火」と言われている火。

 この火は、ずっと保存してきた方にとって「復讐の火」「憎しみの火」「いつかワシントンに復讐するための火」と、とりにいってくださった方が語ってくれました。

 悲しい思いのこもった火。

 こんな悲しいことは、繰り返してはならないと痛感しました。

 皆にとって平和ってなに?
 意見交換しながら、素敵な音楽を聞き、皆で第九に歌詞をのせた歌をセッションをしました。

 「へいわのわ」にふさわしい、皆を受け入れるような温かな空間でした。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)