もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・03・09】名大合格発表でシール投票やアンケート/原発ゼロを永遠に!NAGOYA ACTION

カテゴリー:

名大合格発表でシール投票やアンケート

 
 3月9日、名古屋大学の合格発表の日。民青の皆さんとシール投票やアンケートをお願いしました。
 何人もの学生さんとお話しましたが、消費税が一番関心が高かったです。理由を聞くと、「増税で生活が大変になるから」「身近な問題だから」とのことで、収入のない人からも税金を取る逆進性の強い消費税増税はおかしい、所得のある人に応分の負担をしてもらう累進課税に変えていきたい、設楽ダムなど無駄遣いも一掃して、社会保障の充実を!との話に皆さんがうなずきながら聞いてくださいました。
 一番関心ある問題はTPPと答えた学生さんに理由をきくと「推進してほしい。そうしないと日本に経済がやばいから」と言われました。
 そもそもTPPはアメリカが輸出を2倍に増やすことと連動して日本に要求されたものであること、二国間協議でアメリカへ輸出する自動車の関税は当分の間残されること、食料を外国に握られることは国の主権を奪われることになること、遺伝子組み換え食品の危険性などなどお話すると、「そうですね。もっと考えないといけませんね」と言ってくださいました。

 高校2年生の子がイメージトレーニングで来ているケースも少なからずありました。
 原発、震災ボランティアに興味をしめしてくださる学生さんも多く、仲間になってくださる方もいて、うれしくなりました。

 すべての若い皆さんの未来が輝くように、私もがんばります!!

 

原発ゼロを永遠に!NAGOYA ACTION

 
 その後、「原発ゼロを永遠に!NAGOYA ACTION」に北区のすやま初美さんはじめ皆さんと参加しました。

 インターネットでみて、南相馬から避難してきている方々も参加してくださり、急きょ、スピーチをしてくださいました。もっとお話をお聞きしたかったです。

 「NO NUKES」の思いをこめた多才なライブ、若者スピーチ、寸劇もステキでした。

 各党からの連帯の挨拶もあり、お話をさせていただきました。

 デモでは、黄色の風車、黄色の風船、サウンドカーで栄や大須の沿道の皆さんにアピール。沿道から建物のなかから手をふってくださる方も多く、とても勇気と元気をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)