もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・10・18】大気汚染問題での懇談/年金者一揆でご挨拶/原発ゼロを永遠に!アクション

カテゴリー:

大気汚染問題での懇談

 今、問題になっているPM2.5の原因物質である硫酸塩エアロゾルは、化学反応で発がん性物質に変化する危険性があること、そのことと光化学スモッグの問題などお話いただきました。
 引き続き、自動車排ガスなど大気汚染の問題、PM2.5の観測データーなどを注視していきたいと思います。

年金者一揆でご挨拶

 
 10月18日、年金や医療・介護制度改悪に反対する「愛知年金者一揆」が名古屋、一宮、岡崎、豊橋の4市で開かれ、全体で約700人が参加しました。

 主催は年金者組合愛知県本部の皆さんです。
 
 名古屋市東区の会場では「増税で長寿社会も闇の中」「高齢者は負けないぞ」などと書かれたムシロ旗やのぼりを持った人たち350人が参加しました。

 伊藤良孝委員長が「年金引き下げと増税やめよの声を広げよう」と訴えました。

 私も連帯のご挨拶をさせていただきました。
 
 参加者の皆さんは「高齢者が誇りと尊厳を持てる社会の実現に奮闘する」の決議を「怒」の文字ボードを掲げて採択し、繁華街を元気にパレードしました。

 

 

原発ゼロを永遠に!アクション

 
 この日は、ドラムをもって、関西電力東海支社前の原発ゼロを永遠に!アクションに参加しました。
 街ゆくサラリーマンの方がリズムにのってくれたりしていました。

 西区のわしの恵子名古屋市議、青木朋子市議予定候補、南区の高橋ゆうすけ予定候補、門原武志東郷町議も参加されていました!!

 今、原発ゼロの状態でやっていけています。

 節電、省エネに一層努力し、永遠に原発に頼らない日本をつくっていくために、今頑張り時ですね!

 

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)