もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【12・04・24】やれるんだからやろうよ!原発ゼロ―政府の「今夏0.4%電力不足」に民間研究機関批判「過大な需要見積もり」―原発なしでも余力あり

カテゴリー:

 
 4月24日の「しんぶん赤旗」には、環境エネルギー政策研究所(ISEP、飯田哲也所長)がこの夏、全部の原発が停止していてもすべての電力会社で電力を十分まかなえるとの推計を発表したと報道されています。
 
 一番心配されるのは、関西電力管内だと思いますが、同研究所は「供給力に比較的余裕をもつ中部電力と中国電力からの融通、管内での節電対策の追加、域内外の自家発電力調達などによる供給力増強と多様な追加対策がある」など追加対策を例示し、こうした追加対策をとれば、「原発なしに余裕をもってピーク時の電力需給を確保できる」と分析しています。

 危険な原発に頼らなくても、原発依存度が高かった関西電力もやっていける(中部電力管内は浜岡原発が止まり、昨年夏から原発ゼロが実現しています)のです!!

 詳しくは、下記のホームページを見ていただきたいのですが、早く手を打って、今年の夏、原発ゼロでやっていこうよ!

◆「しんぶん赤旗」の記事
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-04-24/2012042401_01_1.html

◆環境エネルギー政策研究所のブリーフィングペーパー
http://www.isep.or.jp/library/2793

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)