もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【11・09・11】東日本大震災、福島第一原発の事故から半年―原発ゼロ署名ロングラン宣伝/建交労県本部13回定期大会でごあいさつ/江南市で森ケイ子市議や支部の方と訪問活動

カテゴリー:

東日本大震災、福島第一原発の事故から半年―原発ゼロ署名ロングラン宣伝

 
 東日本大震災、福島第一原発の事故から半年となる9月11日、原発ゼロ署名をもってロングラン宣伝を行いました。かわえ明美さんや八田ひろ子元参院議員はじめみんなでリレートークをしました。

 「息子が今度、浜松に行くの。浜岡原発でなにかあったら大変。浜岡原発は、絶対に廃炉にしてほしいわ」という方や、「がんばれー」と掛け声をかけてくださる若い方々、救援募金に協力してくださる方々など皆さんに元気をいただきました。

 

建交労県本部13回定期大会でごあいさつ

 建設や交通・運輸の分野で働く皆さんや学童保育で働く皆さん、競艇で働く皆さんなど幅広く、一人でも入れる労働組合として一人ひとりの権利と雇用を守るために奮闘されている皆さんに心からの敬意と感謝を申し上げました。また、建交労の皆さんは、震災後、愛労連の皆さんと協力して真っ先に灯油を運ぶなど救援活動にもがんばってみえます。そうした取り組みにも心から敬意を申し上げました。

江南市で森ケイ子市議や支部の方と活動

 江南市へ行き、森ケイ子市議、支部の方と一緒に活動しました。江南市でも議会中で森市議には、お忙しい中一緒に活動していただきました。
 江南市では、豪雨で浸水被害があり、森議員はじめ江南市議団は、すぐに被災者の方々への支援の手引きなどを配りながら支援活動をしたことなどもお伺いしました。
 訪問先の方からは、「民主党政権になっても少しもよくならない。日本共産党ががんばらないといけないね」など声をかけていただきました。しんぶんを読んでいただく方も増えました。江南市の皆さん、本当にありがとうございました。

© 2010 - 2020 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)