もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【10・07・26】金山総合駅前で早朝宣伝―政党助成金の廃止を強調/会議/設楽ダム問題の会議/労働相談

カテゴリー:

 
 7月26日早朝、かわえ明美さん、くれまつ順子名古屋市議、八田ひろ子元参院議員と金山総合駅前で宣伝しました。県委員会の皆さん、天白区から一緒に宣伝をするためにかけつけてくださった方も一緒です。

 「がんばってね」とがっしりと握手をされる方、手を振ってくださる方、じっと聞いてくださった方などいて元気をいただきました。 

 私は、特に7月20日に今年2回目の支給された政党助成金の廃止を訴えました。

 日本共産党は、政党助成金ができて16年目になりますが、1円も受け取っておりません。

 政党助成金が支給された15年間(95年~09年)で4719億円が政党に配分されました。福祉に使うべき皆さんの税金を何の苦労もなく政党がうけとる仕組みは、やめるべきです。

【2010年分の政党助成金の配分額(見込み)】

●民主党    ・・・170億9500万円
●自民党    ・・・102億6300万円
●公明党    ・・・23億4100万円
●社民党    ・・・8億3100万円
●みんなの党  ・・・6億7500万円
●国民新党   ・・・3億9600万円
●新党改革   ・・・1億1900万円
●新党日本   ・・・1億3500万円
●たちあがれ日本・・・8100万円

 
表―2010年7月21日付「しんぶん赤旗」掲載

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)