もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

全国商工団体連合会(全商連)の国会要請・署名提出集会に参加しました!!!

カテゴリー:

 全国商工団体連合会(全商連)の皆様が3月20日、安倍政権が強行を狙う今年10月からの消費税10%への増税の中止を求める請願署名などをもって、国会に要請に来られました!

増税中止のほか、マイナンバーの実施中止、安倍9条改憲阻止の「3000万人署名」など33万3千人分の署名を提出しました。

 太田義郎会長はあいさつで、「まもなく統一地方選、夏には参院選が行われる。それぞれの地方で、署名をさらに広げて、安倍首相を追いつめ、増税中止の情勢をつくりだそう」と呼びかけました。

 中山眞常任理事が行動提起しました。中曽根政権が売上税導入を狙った1987年の地方選で自民党が大敗して、実施を断念させ、その年の秋には退陣に追い込んだと述べ「統一地方選と参院選で増税を許さない審判をきっぱりくだそう」と強調。署名を広げるとともに、国会議員に中小業者の現状などを伝え、増税中止を迫ろうと語りました。

 日本共産党からは、宮本徹衆議院議員、田村たかあき衆議院議員、私もとむらが参加、あいさつし、署名を受け取りました。

 参加者の皆様は、衆院財務金融委員、参院財政金融委員に要請しました。

東海エリアの皆様も参加され、元気なお顔にとても励まされました!!!

皆様、本当にありがとうございましたm(__)mm(__)mm(__)m

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)