もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

名古屋市の学童保育に携わる方々との懇談会に参加しました!!!

カテゴリー:

 12月18日、名古屋市の学童保育に携わる方々との懇談会に参加しました!!!

すやま初美参議院愛知選挙区予定候補、名古屋市議団から青木ともこ市議、岡田ゆきこ市議、柴田たみお市議、山口きよあき市議とご一緒でした。

 保護者が働いているなどの理由で、お家に帰っても留守である小学生の子どもたちが、生活をし、遊びをし、健全に成長することを保障するための学童保育。待機児童がでないように受け皿をつくっていくこと、学童保育を支えている支援員の皆さんの労働条件をよくしていくことが求められています。

 厚生労働省では、常勤職員を配置するための追加費用(賃金改善に必要な費用を含む)の一部を補助する事業を行っています。あらためて確認しましたが、社会福祉法人が雇用して、運営委員会方式でやっているケースでもこの補助制度を使うことができるとのこと。

 しかし、なぜか名古屋市はできないかのような対応をしているそうです。

学童保育の支援員の皆さんの低賃金はずっと課題で、やっと国が重い腰をあげたのに、その制度を使わないのは何故???親御さんの自己責任のようなシステムでいいと考えているのでしょうか。

 宝である子どもたちの成長を社会的に保障していくこと、仕事と子育ての両立ができるようにしていくためにも、親御さんはじめ保護者の方の様々な負担を軽減するためにも社会福祉法人の皆さんが指導員を雇用して、様々な手続きも担っていただく方法は、理にかなっていると思います。

 使える国の制度は、ぜひ使っていただき、現場の支援員さんの処遇改善ができるようにしていただきたいです。

貴重なお話をどうもありがとうございましたm(__)mm(__)mm(__)m

© 2010 - 2018 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)