もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・8・24】津島市の日本共産党と後援会のつどいに参加/豊明市で「91周年記念講演上映と囲むつどい」に参加/ポスト参院選企画第一弾の囲む会に参加

カテゴリー:

 
 8月24日の午前中は津島市に行き、杉山良介津島市議、伊藤恵子津島市議とともに党と後援会のつどいに参加。91周年の記念講演会のDVDをみた後、ご挨拶をさせていただきました。
 参加された方から、「私も長崎出身で、少し離れていたが、原爆が落とされたとき、ピカーと光って、すぐに目と耳をふさいで、側溝に身を隠しました。学校で爆弾が落とされたらそうするように教えられていたから。眼をあけて眺めたときには、大きなきのこ雲がみえました。体中がケロイド、やけどの方がトタン板の上に乗せられてきました。『水がほしい』と言われましたが、水を飲むと亡くなるといわれたので、飲ませることができませんでした。その方は、その後亡くなったそうです。」と当時の経験を語ってくださる方もみえました。二度とそうした悲惨な戦争は繰り返さないためにも、安倍自公政権が憲法の理念を踏みにじる暴走を進める今だからこそ頑張らなくてはなりませんね。
 参加された方が、杉山市議、伊藤市議の呼びかけに入党してくださった!とうれしい報告もありました!!
 津島の皆さん、本当にありがとうございました!!

 
(※この写真は、以前に津島市で杉山市議、伊藤市議と街頭演説したものです。お二人の写真が当日とれなかったので・・・)

 
 豊明市に移動し、「91周年記念講演上映と囲むつどい」に前山美恵子豊明市議、郷うこん修さんと参加し、91周年の記念講演のDVDをみた後、ご挨拶をさせていただきました。

 参加者の方との意見交換の場もありました。
◆「91周年記念の講演を今日含めて3回観ました。その中で『綱領』と言っていたので、インターネットで出して、読んでみました。よくわかった!!なんで『綱領』の内容をもっと日常的に言ってくれないのか。もっと話してほしい」、
◆「『はだしのゲン』の開架をやめた島根市の学校があったが、他の地域でも広がっているのでしょうか」(前山恵美子豊明市議より、豊明市にも同様の要望があったが、議会のなかで不採択にされたとの報告がありました。)
◆「もとむらさんの緑はずっとイメージカラーなのですか?とても良い。世界に緑がなくなっているので、ぜひその色を継続して、世界を変えてほしい」(前山恵美子豊川市議のイメージカラーは黄色、郷うこん修さんのカラーは募集中)、
◆「日本共産党の応援をもっと元気にアピールできるように、リズムに載ったものもやってほしい」
◆「北朝鮮と日本共産党の関係を誤解している人がいるが、どうか」(日本共産党は、北朝鮮の数々の蛮行にいつでも公然と批判してきました。例えば、ラングーン事件<八三年十月、ビルマの首都ラングーンで、訪問中の全斗煥韓国大統領の一行をねらった爆弾テロ事件>、大韓航空機事件<八七年十一月には、韓国の大韓航空機が北朝鮮の工作員によってビルマ上空で爆破され乗員・乗客百十五人全員が死亡するという、悲惨な無差別テロ事件>にも毅然と不法性を批判をしてきました。そして、一九九九年の超党派のすべての政党が北朝鮮に訪問した際に、金日成廟(びょう)や生家など四カ所を「お参り」する日程が組みこまれていました。穀田恵二衆院議員・緒方靖男参院議員(当時)は「北朝鮮の金日成個人崇拝体制を拒否してきた自主独立の日本共産党として、民主主義と相いれない『個人崇拝』を国民に押しつけた人物にたいし、“儀礼”だとしても、頭を下げることはできない」と述べ、代表団の行動には参加するが、一番後ろにいて、頭を下げず、記帳もしない態度をとることにし、他党の代表がおじぎをし、金日成をたたえる記帳をする中、きぜんとした態度を貫きました。この“儀式”を日本側として打ち破ったのは日本共産党代表がはじめてでした。こうした毅然とした対応をしていることなど是非知ってもらえるように努力したいと述べました。
 
 つどいのあとで、握手をしていると、別の行事で来られていた18歳の方とお母さんが通りがかり、「選挙中、ずっと応援していました。写真を撮ってください。ずっと応援していきます」と激励してくださいました。
 豊明の皆さん、本当にありがとうございました!!

 

 夜は、「ポスト参院選企画第一弾・もとむら伸子を囲む会」に参加しました。

 幅広い皆さんが参加してくださり、参議院選挙の結果、憲法、核兵器、日本共産党などなどさまざまなことを話し合いました。
 お店に入りきれない方々も出て、同会場での2次会、3次会もありました。遠くでお話ができない方も(>_<)
 斎藤ひろむ豊橋市議や坂林たくみ日進市議、北区の須山初美県議予定候補、高橋ゆうすけ南区名古屋市議予定候補も参加してくれました!!柴田たみおさんのお顔も!!
 企画していただいた皆さん、参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!!

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)