もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

8月8日、長崎市三ツ山町にある社会福祉法人・純心聖母会「恵の丘長崎原爆ホーム」に伺いました。

カテゴリー:

 8月8日、長崎市三ツ山町にある社会福祉法人・純心聖母会「恵の丘長崎原爆ホーム」に伺いました。

特別養護、一般養護、ショートステイなどの機能のある「恵の丘長崎原爆ホーム」は、原爆の被害に合われた方々が暮らしてみえます。

田村たかあき衆議院議員、まじま省三前衆議院議員、山添拓参議院議員、堀江ひとみ長崎県議とともに伺いました。

入所されておられる被爆者の方から“原爆のあの惨状を忘れることはできない”とのお言葉を伺いました。
二度と繰り返さないために、被爆体験を語り継ぐ活動もされておられます。
そうした活動は、確実に長崎の若い世代に伝わり、平和の力強い取組につながっています。
心からの敬意と感謝を申し上げます。

つらい思いをされた被爆者の方々が、安心して、心豊かに暮らしていただくことを心から願っています。

今年も介護職員の方を募集してもなかなか集まらない状況は変わらないとのお話も伺いました。

国が介護職員の方々の処遇改善をまじめにやらないことが現場の矛盾を大きくしています。

被爆者の方々の願いを真正面から受け止め、核兵器禁止条約に署名、批准して、核兵器をなくすために必死になる政治に変えていくために、そして、老後も安心してくらせる日本に変えていくために全力をあげなければと強く思う訪問でした。

温かく迎えてくださった「恵の丘長崎原爆ホーム」の皆様、本当にありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)