もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

安倍首相主催の「桜を見る会」の予算額と支出額とのかい離!宮本徹議員が決算行政委で追及!!!

カテゴリー:

 5月13日は午前中から衆議院決算行政監視委員会に出席(この国会から決算行政監視委員でもあります)。

日本共産党からは、宮本徹衆議院議員が質問に立ちました。

宮本徹議員の質問で、驚いたのは、大きなニュースになっていた安倍首相主催の「桜を見る会」の予算額と支出額とのかい離。

2014年〜2019年の予算計上額は、
毎年1766万6000円。

ところが実際の支出は、
2014年 3000万円、
2015年 3841万円、
2016年 4639万円、
2017年 4725万円、
2018年 5229万円、
2019年 ?

とのこと。

予算以上に毎年膨れあがっています。

宮本徹議員は、

「以前は1万人前後の参加が、安倍政権以降どんどん増え、今年は1万8200人。

菅官房長官は功労があった人をよんでいるといいますが、招待基準はまったく不透明です。

安倍政権にとって、功労があった人が増えているということでしょうか。不透明な基準での、血税の支出増は国民の理解はえられません。」

と追及しました。

安倍政権の接待、広報のために、予算額とかい離してどんどん税金が使われるあり方は、やっぱりおかしいです!!!!!

他の党の方から
「詳しい資料がほしい。やっぱりこんなのおかしいよ。」と私にもお声がかかりました。

※宮本徹衆議院議員のツイッター @miyamototooru 

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)