もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

春日井市、内田けん愛知県議候補の応援に駆けつけました!!!

カテゴリー:

愛知県春日井市へ、内田けん愛知県議候補の応援に駆けつけました!!!

雨の中でも元気に訴える内田けん候補に逆に元気をもらいました!!!

原田ゆうじ春日井市議も一緒に応援しました!

内田けん候補は、小学校の先生でした。授業がわかったときの子どもたちの目の輝き、成長する姿に教員のやりがいを感じていたそうです。

ひとりひとりの子どもたちが、大切にされ、希望をもって暮らせる社会をめざし、少人数学級の実現などを求めて市議会で活動してきました。

内田けん候補は、春日井市議36年がんばってきました。県内でも早い段階で、小中学校へのエアコン設置を実現させ、国保税の引き下げも実現してきました。

 また、内田けん候補のお父様は、シベリア抑留され、お母様も終戦間際に満州から引き上げてこられたそうです。
お母様から満州に残ったご友人の話をよく聞いていたそうで、戦争の悲惨さを心に刻んでこられました。

内田候補は、「戦争する国づくりにつながる安倍9条改憲に反対。自民党中心の県政は航空自衛隊小牧基地を海外派兵の拠点に、県営名古屋空港を使ってF35ステルス戦闘機の整備拠点にしています。こうした県政に春日井でモノを言える県議が1人もいません。私はこうした動きを許さず、平和な春日井、愛知に全力をあげます」と語っています。

アメリカ軍のF35ステルス戦闘機の利用も危惧されるなか、兵たんの拠点にさせないと頑張る内田けん候補を何としても勝利させ、県議会でがんがん平和の願いを発言してほしいです!!!!!

全国の皆様の内田けん愛知県議候補への大きなご支援を何卒よろしくお願いいたしますm(__)mm(__)mm(__)m

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)