もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

愛知県東郷町で、かどはら武志東郷町議、くまざわ博之東郷町議選予定候補を応援!!!

カテゴリー:

 3月24日、愛知県東郷町へ行き、かどはら武志東郷町議、くまざわ博之東郷町議選予定候補の応援してきました!!!

かどはら武志東郷町議は、スポーツ選手で言えばまさに「スポーツマンシップ」にのっとった、「正々堂々とプレーする」、まじめで正直、「一緒に寄り添える尊敬できる人」と同じ団地のスポーツ指導者の方も太鼓判!!!

 住民の皆様の声をまっすぐに届け、実績も抜群!!!

◇8年前から小中学校の教室にエアコン設置を求め続け、6月には設置実現、
◇子どもの医療費、通院も入院も18歳まで無料実現
◇住民合意のない「道の駅」計画中止
◇「ため池ハザードマップ」(決壊時の浸水域)を町のホームページで順次公開。愛知池、みよし池についても提案
視覚町立図書館の書棚の転倒防止を提案し、2018年度中に実施予定
など。

 このかどはら武志東郷町議に加え、今度は、くまざわ博之東郷町議選予定候補とともに1議席から2議席へと東郷町の皆様はがんばっています!!!

 

 くまざわ博之東郷町議選予定候補は、介護の職場でヘルパーさん、ケアマネージャーさんとして働き、「実直で責任感が強い」、「何時でも誰よりも早く来て、部屋を暖め、フットワークよく動いてくれる。利用者さんの中にも、くまざわさんでないとダメと言われる人がいる」、「ご自分のお母様の介護をしながら、利用者様にもご自分のお母様に接するように声を掛けられ、思いやりのある介護にあたっていた姿を思い出します。他の職員に対してもとても気配りされ、本当に頼りになる方」とまわりの方々から太鼓判を押されている方です。

 1議席から2議席に増やして、高すぎる国民健康保険税など社会保障の負担軽減、巡回バスなど公共交通の拡充、子どもの医療費無料化を守りたいと訴えています。

私もお話をしましたが、2014年8月に東郷町図書館へ行き、『東郷町誌』で調べた戦没者の方々のことをあらためて述べました。

 満州事変の1931年から戦争が終わるまで、177名の方の亡くなられた場所と日にち(お一人は日にちのみ)がわかりました。

 当時の東郷村から出兵された方々は、広範囲の環太平洋のバラバラな地域で亡くなっておられました。

 

 一番多かったのは、中国各地・満州。
 二番目は、フィリピン、
 三番目は、ニューギニアと沖縄が同数でした。

 この他にもボルネオ、ビルマ、マリアナ群島、ソロモン諸島、朝鮮半島、シベリア、硫黄島、日本国内など書ききれないほどです。

 何故この方々はその場所で亡くならなければならなかったのか。
 調べ、記入する作業をしながら悔しい、悲しい思いでいっぱいになりました。

 お一人お一人が、かけがえのない尊い存在です。

 二度とこんなことを繰り返してはなりません。こうした過去の戦争のことを決して風化させず、安倍改憲を許さない選挙に必ずしていこうとお話しました。

必ず2議席勝ち取るために頑張る決意の書かれたメッセージと差し入れもいただき、勇気がいっそうわいてきました!!!

東郷町の皆様、本当にありがとうございましたm(__)mm(__)mm(__)m

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)