もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

町議選・参院選勝利へ!三重県明和町の演説会でうったえました!!!

カテゴリー:

 三重県明和町へ行き、田辺ひとみ明和町議選予定候補を町議会へ押し上げ、参議院選挙勝利へ!演説会で中川たみひで参院選挙区候補とともにお話しました。

満員の会場。

 明和町では、11月13日告示、18日投票で町議選が行われます。

明和町議選(定数14)で、空白克服を目指す、元職の田辺ひとみ予定候補が決意表明。

 学校の教室にエアコンの設置、ブロック塀等除去改修助成などを実現したことを紹介し、中学校卒業まで医療費の窓口無料、学校給食の無料化、町民バスの改善、介護保険の負担軽減など、子どもの笑顔が輝き、歳を重ねても安心して暮らせる町づくりに頑張っていくと述べました。

 その上で「安倍政治に物が言えない議員では町民の暮らしは守れない。

どうしても日本共産党の議席を」と訴えました。

 

 私は、災害被災者支援、安倍政権の憲法9条改悪の動き、3000万人署名の力、憲法守る日本共産党の議席を明和町でも必ずと訴えました。
 さらに沖縄の問題も訴えました。「玉城デニ―候補の勝利で、辺野古新基地を作らせないと命を掛けた故翁長雄志知事の思いに応えよう」と呼びかけると皆様が大きく応えてくださいました。

  演説会には、田辺ひとみ予定候補の地元の自治会長さん、市民連合めいわの冨山芳幸代表、民商婦人部の友人の方も挨拶してくださいました。

 田辺さんの先見の明のある言動、頼りになる人柄を語られ、だからこそ議会へ再び行ってほしいと応援してくださいました。

 参加した女性の方は、「参院選と田辺さんの勝利で、町と国のパイプが強く繋がるように頑張っていきたい。沖縄の選挙も人ごとではないと思った」とお話してくださいました。

 初めて日本共産党の演説会に参加した女性は、「弁士の話に感激した。沖縄と明和町の選挙では、必ず勝ってほしい」と語られました。

明和町の皆様、応援に駆けつけてくださった皆様、本当にありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)> 

 
 
© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)