もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

広島に原爆が投下されて73年目の8月6日、核兵器をなくすために力を尽くす決意をあらためて表明!!

カテゴリー:

画像に含まれている可能性があるもの:5人、もとむら 伸子さんを含む、、スマイル

 広島に原爆が投下されて73年目の8月6日、8時15分には黙祷し、核兵器をなくすために力を尽くす決意をあらためて表明しました。

 8月6日に投下された広島では14万人の方々が、8月9日に投下された長崎では7万4000人の方々が、その年のうちにお亡くなりになりました。
心からの哀悼の意を表します。

 心の痛みを伴いながら被爆体験を語り、人生をかけて命をかけて核兵器をなくすために努力し続けている被爆者の方々と、核兵器をなくす思いをもった世界中の人々と、核兵器禁止条約の採択に賛成した122ヵ国はじめ各国政府と力を合わせれば、必ず展望は拓けると信じています。

核兵器廃絶に背を向けた核保有国と日本政府=安倍政権を包囲して、日本をかえて、世界を変えていきましょう!

豪雨災害被災者救援募金へご協力をいただきました。本当にありがとうございます。必ず被災地にお届けします。

本当にありがとうございましたm(__)mm(__)mm(__)m

「がんばっているね」「今度選挙があったら日本共産党にいれるね」など激励をいただき、握手や手をふっての応援などいただき、とても励まされました。

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)