もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

安保法制(戦争法)に反対し、安倍改憲を許さないと市民+野党の共闘で頑張る候補を絶対に勝たせないといけない。

カテゴリー:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無所属で出馬するということは、比例復活がないということ。
安保法制(戦争法)に反対し、安倍改憲を許さないと市民+野党の共闘で頑張る候補を絶対に勝たせないといけない。

選挙間際にこうしたことを強いる前原さんを動かした背後にいる人たち(解党を画策してきた勢力)は本当に恐ろしい人たち

 

希望の党のやり方は、
職場で、命や健康、暮らしを守るために声をあげた人を見せしめ的に解雇・リストラしていく構図に似ている。

ある意味、言論封殺の一種だと思う。

 

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)