もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

被災者の方があきらめなくてもいいように。国も愛知県も被災者生活再建支援制度の拡充を!!!

カテゴリー:

災害にあわれた被災者の方々に少しでも希望をもってもらえるように被災者生活再建支援制度があります。

穀田恵二議員事務所より、各都道府県の独自制度の資料をいただきましたので、掲載します。

愛知県は、財政力が全国2位にもかかわらず、災害の規模でいろんな条件がついた上に全壊でも10万円の見舞金しかありません。

愛知県の条件にあてはめると、先日の竜巻で住宅が全壊になた被災者の方々には何もでないということになってしまいます。

茨城県では、竜巻被害をうけて、被災者生活再建支援法の適用はないが、住家全壊被害が1以上ある自然災害に全壊で300万円の支援金がでるような制度をつくりました。

国の被災者生活再建支援金(全壊でも最大300万円で、私も熊本地震に関する質問でせめて500万円に増額をと求めました)も災害の規模要件があり、豊橋の竜巻は適用外になっています。

愛知県の制度、国の制度を改善、拡充させ、被災者の方々があきらめることのないように支援していきたいです。

© 2010 - 2017 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)