もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
くらし守る

愛知県豊橋市の竜巻被害の現地に行き、被災された方の声を伺い、調査

カテゴリー:

 

 8月10日、台風5号が近づくなかで起きた愛知県豊橋市の竜巻被害の現地に行き、被災された方の声を伺い、調査を行いました。

 しまづ幸広衆議院議員、すやま初美参院愛知選挙区予定候補、斎藤ひろむ豊橋市議、鈴木みさ子豊橋市議といっしょです。

 7日発生した竜巻による被害は、屋根瓦が飛ばされるなど、全壊2軒、半壊10軒、一部損壊42棟。愛知県指定の文化財への被害や走行中のトラックが横転しコンビニのガラスを割るなどの被害もありました。

 

 調査団は前芝町を訪れ、被害を受けた住民の方々にお見舞を申し上げるとともにご要望を伺いました。

 自宅前にある巨大なコンテナが強風で舞い上がり、フェンスやブロック塀が損壊した家の夫婦は、「あれだけ大きな物が垣根を越えて飛んできた。うちの軽自動車も浮いて飛んだ。自然の力に驚くばかり」「砂利が壁一面にぶつかって、すごい音だった。屋根瓦も飛ばされ、2階も1階も水浸し。畳がダメになってしまった」と竜巻当時の様子を話しました。

 私たちは、「本当に大変でしたね。おけががなくて本当によかったです。国や県、市に働きかけ、地元議員の皆さんとも連携して、支援ができるように、一日も早い復旧のためにも力を尽くします」と述べました。

 避難所にも伺いました。

 スタッフの女性の方は「家が傾いて生活できないと、1家族が避難しています。不安ばかり広がっているので、安心を取り戻せるよう力を貸してください」と切実な声を寄せました。

 11~13日まで被災者の方々むけ相談会が地域でありますが、仕事で行けない方もみえます。

 斎藤議員は、そうした声を受けて、すぐに市役所に連絡を取り、市役所でも別の日でも同じような相談ができることを確認しました。

 被災した自動車も保険をつかうと保険料が高くなるのではとの心配の声も出されました。

 国、県、市の被災者生活再建支援制度を拡充させ、安心を広げていくために頑張る決意です。

© 2010 - 2017 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)