もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14.12.24】第188回国会――初登院!!

カテゴリー:

 
 12月24日、8時に国会正門が開門し、そこから入って、初登院しました。

 多くの報道陣の方から、初登庁の感想、決意など取材を受けました。

 私は、「責任の重さを痛感しています。東海ブロックでは61万人以上のみなさんが日本共産党と書いていただいて2議席を勝ち取りました。平和憲法を守ってほしい、原発をなくしてほしい、消費税増税・年金引下げなどの庶民いじめはやめてほしいとのお声の積み重ねだと思います。この皆さんの思いに国会内外で幅広く力を合わせて、何としてもこたえていきたいです。被爆二世として、戦争する国づくりは絶対に許さないという決意も新たにしています」などお話しました。

 また、公開の議員団総会、代議士会などが開かれ、13時からは、初めての衆議院本会議に出席しました。

 ニュースなどでよくみる衆議院の議長、副議長選挙、首相指名選挙の投票もおこないましたが、再び安倍晋三首相(470人が投票し、328票)が選ばれてしまいました。

 来年の通常国会が本格論戦の山場になります。

 集団的自衛権行使容認の閣議決定の具体化は許さない運動、原発の再稼働をゆるさない運動、消費税増税ストップ!の運動など、みなさんとともにいっそう広げていかなければならないと痛感しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)