もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・08・31】脱原発応援弁護団結成・報告大会 + 大飯原発差し止め訴訟勝訴判決報告

カテゴリー:

 
 
8月31日、「脱原発応援弁護団結成・報告大会 + 大飯原発差し止め訴訟勝訴判決報告」がありました。

 桶狭間の後援会総会から駆けつけたので、勝訴判決報告のみの参加となりましたが、資料が足りなくなるほど、立ち見がでるほどの盛況ぶりでした。

 大飯原発差し止め訴訟勝利判決については、福井から島田弁護士が来られ、お話をしてくださいました。
 福島第一原発の事故をうけて、原発事故を防ぐことができなかった裁判所の責任について、司法界でも問題になり、最高裁が裁判官を集めて、もっと積極的な役割を果たしていこうという話し合い、意識改革があったとの報告に希望がもてました。

 北村栄先生からは、浜岡原発の訴訟をはじめ全国の脱原発裁判に、この勝利判決を生かしていくとのお話もありました。

 最後に矢崎暁子弁護士から、裁判所が良い判決をだすためにも、それを支える世論が大事。世論をつくっていく一人一人の声や運動が大事であるにもかかわらず、その運動を妨害する国家権力などの動きは絶対に許されない。脱原発の運動を若手、ベテランの弁護士が力を合わせて応援していくと話されました。

 弁護士の皆さんの心強い動きに勇気を得て、一層原発をなくす運動をもりあげていきたいと感じる集会でした!!

 

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)