もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・10・22】田中一成さんがんばれ!大口町長選挙スタート!!

カテゴリー:

 
 10月22日、大口町の町長選挙がスタートしました。

 「住民が主人公の明るい大口町をつくるみんなの会」から田中一成さんが立候補し、出発式に応援に行ってきました。

 日本共産党の江幡満世志大口町議、吉田正大口町議も参加。

 岡さとる犬山市議、岡村千里犬山市議、いたくら正文地区副委員長も応援にかけつけていました。
 
 日本共産党の大口町議としてがんばっていた田中さんは、人の話をよく聞いてくれる誠実な人柄で、皆さんから「いっせいさん」と呼ばれ親しまれています。

 出発式では、「豊かな財政力を活用して、町民一人ひとりが豊かさを実感できる町政を実現したい」と決意を述べらました。
 福祉と子育て支援の充実を太い柱に押し出しています。
 子どもの医療費無料制度を中学卒業までから高校卒業までに引き上げ(3000万円あればできる)、国保税を一世帯1万円値下げ(3150万円あればできる)、保育園の民営化はこれ以上拡大せず、町立保育園の7時までの延長保育の継続、要支援の「介護はずし」を許さず、安心して介護サービスが受けられるようにすることなどの公約を掲げています。

 もちろん、国の憲法改定、消費税増税、社会保障削減、労働法制の改悪、原発再稼働、TPP推進など許しません。

 国の悪政から大口町民の皆さんのくらしを守るためにも「いっせいさん」をご支援ください!!

 

 

 

 

 

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)