もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・09・15】2つの労働組合の定期大会でご挨拶/偲ぶ会/党創立91年刈谷市のつどい/「原発ゼロを永遠に」キャンドルアクション

カテゴリー:

2つの労働組合の定期大会でご挨拶

 9月16日、建交労の皆さんと全国一般労働組合の皆さんの定期大会で連帯のご挨拶をさせていただきました。
 「下請けいじめブラック企業」根絶も含め、働く皆さんのくらしと雇用、権利をまもるために奮闘する決意を述べました。

偲ぶ会

 
 原田嘉美子さんを偲ぶ会に八田ひろ子元参院議員、せこゆきこ元衆院議員とともに参加をさせていただきました。原田嘉美子さんは、生け花後援会の代表として、演説会などでお花をいけてくださり応援してくださいました。
 若いころから伊勢湾台風の被災者の方々、被災した子どもさんの支援、保育所を増やす運動にも先頭にたってがんばっておられたことなど社会に大きく貢献された方でもあります。
 原田さん、本当にありがとうございました。
 謹んでお悔やみ申しあげます。

党創立91年刈谷市のつどい

 
 刈谷市に移動し、党創立91周年刈谷市のつどいに新村健治刈谷市議、野村武文刈谷市議、山本シモ子刈谷市議と一緒に参加させていただきました。

 労働者後援会の皆さんや地域後援会の皆さん、女性後援会の皆さんの歌やクイズなどで楽しんだあと、お話をさせていただきました。
 原発がゼロになる日ということで、刈谷の皆さんと「今日で原発ゼロになる」、「止めた原発動かすな」、「安倍政権はうそつくな」、「汚染水を海に流すな」、「福島すくえ」、「原発ゼロでおもてなし」、「原発廃炉でおもてなし」、「原発いらない」、「未来をつくろう」、「日本共産党」、「がんばろう」など一緒にコールもやりました。

 お話のあと、選挙の際にも熱く応援してくださったママさんから花束をいただきました。「私たちの希望だから、がんばってね」と温かい言葉をかけていただき、感激。
 しっかりとお役に立てるように日々精進でがんばっていきたいと思います。
 刈谷の皆さん、本当にありがとうございました。

 
 

 

 

 

大飯原発がとまり、全国で原発ゼロに!!「原発ゼロを永遠に」キャンドルアクション

 
 名古屋の栄に移動し、原発がゼロになる日に開催された「原発ゼロを永遠に!キャンドルアクション」に参加しました。
 門原武志東郷町議や南区の高橋ゆうすけさんも参加されていました。

 キャンドルで0(ゼロ)を形づくり、「原発ゼロおめでとう!」「再稼働反対」「原発いらない」「再稼働申請、即刻撤回」「原子力ムラは即刻解体」などコールやリレートーク、音楽などで道行く方々にアピールしました。

 飛び入り参加の方もみえました。
 ビラで知り、脱原発の運動に初めて参加したという21歳の女性は、「政府の命に対する軽さは許せない。これからなるべくかかわっていきたい」と語っていたそうです。
 
 台風でできるかどうか心配しましたが、最初の方は雨も何とかもちました。
 皆さんとともに「原発ゼロを永遠に!」とアピールできてよかったです。

 

 

 

 

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)