もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・06・24】金山総合駅前で早朝宣伝→取材→政見放送準備→北の湖部屋歓迎会→名古屋東・北・西・中地区「党と後援会の決起集会」

カテゴリー:

 
6月23日の東京都議選では、日本共産党が8議席から17議席へと大きく前進し、第三党となり、議案提案権も獲得しました。
 夜中までツイッターやフェイスブック、メールなどで皆さんと喜びを共有しました。

 同時に、南知多町会議員選挙で山下せつ子さんが当選したことをお知らせすると、全国の皆さんが喜んでくださいました。

 東京都政では、1m1億円、総額2兆円の外環道に税金をつぎ込む一方で、保育園の待機児童は2万3000人以上、特別養護老人ホームの待機者4万3000人。
暮らしや福祉に予算を使ってほしいとの切実な声がありました。

 そして、国政でも自民党型の悪政(アベノミクスの暴走、消費税増税や年金引き下げはじめ20兆円もの国民負担増、原発再稼働、TPP推進、平和憲法改悪など)に正面から対決し、暮らしや命を守ってほしいとの皆さんの思いが現れた選挙結果でした。

 翌日の6月24日の金山総合駅前の早朝宣伝でもいつもにも増して、手を振って応援してくれ、ニュースの受け取りもよく、カンパが寄せられるなど期待をひしひしと感じました。
 宣伝には、江上ひろゆき比例予定候補、山口きよあき名古屋市議、八田ひろ子元参院議員、県委員会のメンバーが参加。
 
 マスコミの記者さんからも複数取材を受けました。

 「共産党の存在意義を示しましたね」、「他の党は、自民党との政策の違いがわかりませんね」とおっしゃっていました。

 いよいよ参議院選挙。アメリカや財界の言うことばかり聞き、国民の皆さんの願いが届かない自民党型の政治を何としても変えるため全力を尽くします。

 政見放送の準備をして、その後、名古屋場所のために労働会館に拠点を構えた「北の湖部屋」の皆さんの歓迎会に参加させていただきました。

 皆さんの日頃のご努力が、実るように心から願い、応援しています!!

 その後、名古屋東・北・西・中地区「党と後援会の決起集会」に参加しました。皆さん、都議選の結果をうけて、さまざまな方から激励もうけ、うれしそうです。
 わしの恵子名古屋市議、岡田ゆきこ名古屋市議、青木朋子さん、支部の方が発言。

 大野ひろみつ地区委員長から具体的な行動的もあり、参議院選挙勝利しようと意思統一しました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)