もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【12・10・04】愛知県森林組合の皆さんと懇談

カテゴリー:

 
 10月4日、「即時原発ゼロ」や林業再生をテーマに、愛知県森林組合連合会の村松幹彦会長、井桁正人専務と懇談させていただきました。
 河江明美衆院東海比例予定候補、八田ひろ子元参院議員とともに名古屋市中区の事務所を訪問。

 河江さんは、「原発を稼働し続ける限り、処理する方法のない使用済み核燃料は増え続ける一方です。原発を再稼働させる条件も必要性もありません。『原発ゼロ』をめざすべきだとの国民世論に応えて、政府はすべての原発からただちに撤退すべきです」と述べ、党の「即時原発ゼロ」提言の趣旨を説明しました。

 村松会長は「放射能は目に見えないので怖い。私の住む津具(愛知県設楽町)は、浜岡原発から50kmしか離れておらず、事故が起きれば直接影響を受けるので心配。福島の事故から1年半も経つというのに、いまだに復旧に手間取っているのも納得できません。政治全体に責任があると思います」と話されました。

 話題は林業再生に及び、私は、「山村の人口減少に歯止めをかけるためには、仕事や雇用を増やす施策が必要です。木質バイオマス(再生可能な木材由来の有機性資源)を活用して燃料などに使えば、地域でお金が回り、地域経済を活性化させることができます」とお話をさせていただき、村松会長と意見交換をさせていただきました。
 人口減少がとりわけ進んでいる農山村の地域を再生するためにぜひとも幅広く力を合わせていきたいと思っています。
 訪問する度に勉強させていただいています。お忙しいなか、本当にありがとうございました!

© 2010 - 2020 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)