もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【12・08・03】「健康と環境を守れ!愛知の住民いっせい行動」実行委員会の皆さんの河村たかし市長交渉に同席/関西電力東海支社前で「原発いらない」とアピール

カテゴリー:

 
 愛知県内の環境団体などでつくる「健康と環境を守れ!愛知の住民いっせい行動」実行委員会の皆さんが8月3日、河村たかし名古屋市長に、住民合意のない都市計画道路建設の撤回などを求めました。

 「道路公害反対県民会議」など10団体から約50人の市民の皆さんが参加。

 わしの恵子名古屋市議、田口かずと名古屋市議とともに同席させていただきました。

 36年目を迎えた今回の交渉のテーマは▽浜岡原発の廃炉と再生可能エネルギーへの転換▽大気汚染対策と、ぜん息患者の救済▽環境行政の充実・拡大▽環境破壊・ムダな開発事業の見直し・中止―の4つです。
 
 あいさつにたった野呂汎会長は、「八事天白渓線」(天白区)など地元住民が反対している都市計画道路整備計画に触れ、「騒音や大気汚染など生活環境への影響を心配する声が多い。地元住民の声をしっかり聞いてほしい」と要請しました。

 河村市長は「地元の声を直接聞いて回った。渋滞回避のために通過車両が生活道路に流入する問題については、今ある道路でしっかり対応すれば新たな道路は必要ないとの意見が多かった。これを受け、地元警察署に一方通行規制など『抜け道』対策を提案するよう要請したところだ。無理な道路はつくらなくていい」と答えました。

 公害患者会の代表の方が、「環境省の調査で自動車排ガスと学童の健康被害との関連性が明らかになった。市と市民が共通の認識を持つために一緒に勉強し、意見交換する場を設けて欲しい」と提案しました。

 河村市長は「環境局に具体的に提案してほしい」と回答。市長交渉後に行われた部局交渉で、西川敏環境局長は「(勉強会の提案は)責任を持って受け止めたい」と述べました。

関西電力東海支社前で「原発いらない」とアピール

 
 夕方からは関西電力東海支社前で「原発いらない」と皆さんと一緒にコールしました。

 参加者は、約850人。また増えました!!(野鳥の会みたいにちゃんと数えていました!)

 中心的な方々は、混乱しないようにいつも心を配っていらっしゃいます。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 黒田二郎愛知2区予定候補、わしの恵子名古屋市議、かどはら武志東郷町議、くれまつ順子前名古屋市議ともお会いしました。

 マイクトークとコールもさせていただきました。

 原発をすべて廃炉にするまで私たちはあきらめません!子どもたちの未来のために☆

 

 

 

© 2010 - 2018 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)