もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【12・05・20】稲沢市旧祖父江町の地域、津島市で活動

カテゴリー:

 
 5月20日、稲沢市旧祖父江町の地域と津島市で活動しました。

 旧祖父江町では、渡辺やすこ元祖父江町議、津島市では、伊藤恵子津島市議、杉山良介津島市議、支部の方とまわりました。津島市では、宣伝も一緒にやり、楽しい活動となりました!
 
 日本共産党は、大企業はじめ企業・団体献金を受け取らず、皆さんの税金から分配される政党助成金(年間320億円)も受け取りを拒否しているので、党員の党費、皆さんからの個人カンパ、「しんぶん赤旗」を購読していただくことで、活動するお金をまかなっています。

 だからこそ、金の力、権力に屈せず、原発マネーにも手を染めずに、いつでも国民の皆さんの立場でがんばりぬけると思っています。

 私の尊敬している成瀬昇さんは、「日本共産党のいいところは、企業・団体献金を受け取らないこと、政党助成金を受け取らないこと、憲法9条を守り生かすこと」とほめてくださっていました。私も成瀬さんが指摘してくださった点や過去の戦争の時代から戦争反対を貫いてきたところなどが好きです。

 さて、この日は、「しんぶん赤旗」をぜひ購読していただきたいとお願いにまわりました。

 お勧めした「しんぶん赤旗 日曜版」の記事のなかには、
 「消費税10%ならわれわれの業界は7割倒産といわれている。死活問題です。絶対中止してほしい」とのトヨタ自動車工場で製造ラインを修繕する愛知県の下請け企業社長さんの声が載っています。

 こうした記事を紹介しながら、野田民主党政権が行おうとしている消費税増税、年金の引き下げ、介護保険料の値上げ、後期高齢者医療制度の値上げなど20兆円もの国民の皆さんへの負担増が行われれば、くらしも日本経済も本当に深刻な状況になること、過去の例からも消費税を上げても景気が悪くなり税収が14兆円も減っていること、年収1億円以上の富裕層の税率が軽くなっている問題などグラフを示しながら間違った政治をただすためにも力を貸していただきたいと訴えました。
 先輩方の人徳や日ごろの活動が信頼されていることもあって6軒のお宅で購読してくださることになりました!!
 
 温かい皆さんの思いを力に、国政へ皆さんの願いを届けるために全力でがんばります!!

 旧祖父江町の皆さん、津島市の皆さん、本当にありがとうございました!

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)