もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【11・09・04】稲沢市での渡辺ゆきやす市議の市政懇談会でお話&意見交流をさせていただきました/福祉保育労東海地方本部の皆さんの定期大会でごあいさつ

カテゴリー:

がんばれ!渡辺ゆきやす稲沢市議・そがべ博隆稲沢市議

 
 9月4日、稲沢市へ行き、渡辺ゆきやす市議の市政懇談会に参加させていただきました。会場に到着すると宮城県南部の震災ボランティアでご一緒だったOさんの元気そうなお顔をみてうれしくなりました。

 渡辺ゆきやす市議は、気さくでとてもいい人です。私も渡辺さんと稲沢市内を一緒に訪問活動をさせていただいたことがありますが、その時に、「医療費が高くて生活が大変」という生活相談がありました。渡辺さんは、「市役所にいって、すぐに調査してみるからね」とすぐに対応してみえました。親身に生活相談もとりくまれています。

 地域の方からも「すぐにとんできてくれる」、「一番よく働いてくれる」と本当に頼りになるまじめな人柄です。

 実績もたくさんあります。この4年間では、市民の皆さんと、そしてそがべ博隆稲沢市議、茶原孝子稲沢市議と力をあわせて巡回バスを実現させたり、地元の中小企業の皆さんに仕事をつくる小規模事業者登録制度をつくったり、学童保育の拡大、障がい児保育、乳児、延長保育の拡大、私学助成の充実、こんにちは赤ちゃん訪問事業、子ども発達支援室の開設などがんばってきました。

 懇談会のなかでは、「このニュースに書いてある実績は4年間のものだね。もう少し長いスパンでみたら、待機児童をゼロにさせたり、震災時にも活用できる保育園の給食の自校方式を守ってきたり、図書館をつくったりともっともっと実績があるね」との声もありました。

 今度は、子どもの医療費の無料化制度を中学校卒業まで実現させること、国民健康保険税の引き下げ、安心して入院・療養できる新市民病院の建設など福祉・防災の街づくりのためにがんばりたいと張り切っています。

 愛知県下では、子どもの医療費無料化中学校卒業まで実現した自治体が大半です。ぜひ稲沢市でも実現していただきたいです。

 また、稲沢市の国民健康保険税は、たとえば年収300万円の現役40代のご夫婦と未成年の2人の子どもさんをもつ世帯でいうと年間30万円にも上ります。食べていくので精一杯という世帯にとって、高くて払えないというのは当然です。国保税の引き下げも切実な課題です。

 老朽化している市民病院を患者さんの立場にたって安心して入院できる新市民病院にしていくことも大きな仕事です。
 渡辺ゆきやすさんには、ぜひがんばっていただきたいです。

 懇談会では、放射能の問題でも盛り上がりました。

 渡辺市議は、9月議会で、稲沢市が、岩手県と宮城県の放射能汚染の疑いのあるがれきを受け入れるとアエラに報道されたことをきっかけに、市民の皆さんから心配の声があがっている問題や食の安全の問題を取り上げたことを報告しました。

 渡辺市議の“放射能汚染を検査する機器を稲沢市としてもちゃんともつべきだ”との質問には「検討する」との答弁だったそうです。
 また、がれき問題については、「国がそんな危険なものをもってくるはずがない」との回答だったそうです。
 市民の皆さんの命と健康に責任をもつ地方自治体として独自に調査することは当然ではないでしょうか。

 また、「市長さんは、いつもお金がないといっているが、市民病院の建設費は?」との質問にたいして渡辺市議は、別の2つの建物の償還が終わるためにちゃんと確保できると数字をあげて答えました。さすが詳しい!!

 私は、渡辺市議の応援とともに野田新内閣が行おうとしている消費税増税、社会保障改悪、大企業への減税、原発再稼動などのお話とともに、被災者支援、放射能汚染からとりわけ子どもたちを守る対策、原発のそもそもの問題などお話をさせていただきました。

 皆さんと交流でき、とても楽しい懇談会でした。

 稲沢市会議員選挙では、市民の皆さんの暮らしを守るためになんとしても渡辺さん、そがべさんを押し上げなければ!

福祉保育労東海地方本部の皆さんの定期大会でごあいさつ

 地域の保育、障がい者支援、介護、児童養護などを担い、かけがえのない役割を果たしている皆さんです。
 一人ひとりが大事にされる人権としての社会保障・社会福祉の発展のために、そして働く皆さんの権利と雇用を守るためにがんばっている皆さんに心からの敬意と感謝を申し上げました。

 営利企業のもうけ口をつくり、社会保障にお金をかけたくない、税金をだしたくない財界のアプローチからはじまった子ども・子育て新システム(子どもをもうけの対象にする新システム)はじめ社会保障の改悪は、絶対に許さない運動をご一緒にすすめていきたいと思います。

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)