もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【11・09・03】北区「放射能と子どもの健康」を考える講演会に参加

カテゴリー:

 
 9月3日、北区で行われた「放射能と子どもの健康」を考える講演会に参加しました。放射能から子どもを守る北区民の会(準備会)の皆さんの主催です。
 台風で風が強いなかではありましたが、子どもさんと一緒に若いお母さん、お父さんも参加されていました。

 講師の先生は、日本小児学会や日本産婦人科学会の考えも紹介しながら、低線量、内部被曝による晩発性障がいが問題であり、健康管理を長期間、継続的に行い、晩発性障がいに対処するべきこと、特に小児は注意深く臨む必要があることなどお話しされました。

 また、愛知県、名古屋市に関しては、晩発性障がいも含め放射のによる健康被害はまず生じないであろうが、絶対とはいえないこと、政府・自治体に、原子力行政、空間・食品放射線量調査などすべての情報を公開させること、原発からすみやかに撤退し、再生可能エネルギーへの転換をすすめるためにも声を大いにあげていくことが必要だと語りました。

 次々に質問が出されました。

 そのなかで「名古屋市や愛知県の行政の体制はどうなっているの?どなたか知っている人がいれば教えてください」という質問が出されました。

 岡田ゆき子名古屋市議は、名古屋市の遅れた放射能汚染の検査体制の現状を語り、私は、愛知県の遅れた現状をお話し、検査機器と人員など体制の強化させるためにみんなで声をあげていきましょう、と呼びかけました。

 
      お隣にすわっていた子どもさんが書いてくれたアンパンマン

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)