もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
くらし守る

【11・03・31】がんばれ!いたくら正文さん~被災者救援、福祉・防災の愛知県政へ~

カテゴリー:

 
がんばれ!いたくら正文さん(一宮市)~被災者救援、福祉・防災の愛知県政へ~

【いたくら正文さんの訴え(抜粋)】

 
 一宮市内にあった県立循環器呼吸器病センターの廃止に104人の県会議員全員が賛成しました。

 3万7000人が署名した「存続してほしい」という願いが県議会に届きませんでした。防災拠点として病院はどうしても必要です。県政を変えなければなりません。

 尾張西南部地域には、海抜ゼロメートル地帯が広がっています。県の地震防災計画はマグニチュード9・0以上、高さ10~15メートルの津波を想定したものに切り替えていくことが必要です。

 県民の声を議会に届け、県民の命とくらしを守るため県議会に送ってください。

 

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)