もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【10・12・04】安城市の明桜支部の皆さんが主催の「つどい」に参加~宮川かねひこ安城市議と/春日井市内で柳沢けさみ県議予定候補、伊藤けんじ市議、内田けん市議、内藤とみえ市議、宮地ゆたか市議と4ヵ所で宣伝/尾張中部地区委員会で「青年講座―地方自治ってなあに?」~講師は伊藤けんじ市議~

カテゴリー:

安城市の明桜支部の皆さんが主催の「つどい」に参加~宮川金彦安城市議と

 
 12月4日、安城市の明桜支部の皆さんが主催する「つどい」に宮川かねひこ安城市議といっしょに参加しました。竹内ゆま子元安城市議も参加。
 
 宮川かねひこ安城市議とふかや恵子安城市議の2人の日本共産党安城市議団の実績はたくさんあります。あんくるバスの拡充の要求も実りました。中学校卒業までの子どもの医療費無料化も実現してきました。

 安城市は、大豆、小麦の生産は県内第1位、お米の生産は県内第3位の日本のデンマークと言われる農業地帯です。TPPに参加をするとこの農業が壊滅的な打撃を受けます。こうした問題も皆さんと一緒に考えました。

 参加された皆さんからは、「障がい者があんくるバスを無料で乗車できるようにしてほしい。雨の日の病院に行くのも大変です」、「障がい者の息子がいます。入所施設でトラブルがあって・・・」、「一人暮らしですが、安心して暮らせるようにしてほしい」などなど皆さんの思いが語られました。
 かわいい子どもさんも参加され、皆さんをにっこりさせてくれました。途中で退席しなければなりませんでしたが、和やかに懇談できてうれしかったです。皆さん、ありがとうございました。

春日井市内で柳沢けさみ県議予定候補、伊藤けんじ市議、内田けん市議、内藤とみえ市議、宮地ゆたか市議と4ヵ所で宣伝

 安城市内の途中で昼食のパンを買って、春日井市のまちかど演説会に急いで向かいました。到着したときには、すでに演説が始まっていました。

 柳沢けさ美さんは、生活相談1300件以上とりくんで、本当に地域の皆さんのためにがんばっています。柳沢さんは、国保料(税)の引き下げなどくらしを応援する県政にとお話されました。
 
 内田けん市議も力強くお話されました。地域の皆さんが聞きにきてくださって応援してくださいました。

 伊藤けんじ市議の地域に到着。伊藤ひろみ元春日井市議も来てくださいました。地域の方も一緒に宣伝してくださり、手を振って応援してくださる方などいて励まされました。

 喫茶店によると、お客さんとお店の方と介護の問題でつどいになりました。
 「おばあちゃんの介護用のベットは、介護認定で介護保険使えないんだって」などお話がありました。民主党政権がねらっている介護保険法の改悪についても話題になり、おかしいね、という話になりました。

 宮地ゆたか市議の地域に移動しました。柳沢さんがもともと住んでいた地域ということもあって、あちこちから手を振っていただきました。「柳沢さんね。わかっているよ。がんばってね」などの声もかけていただきました。

 内藤とみえ市議の地域に移動し、薄暗くなってきましたが、元気に訴えました。話を聞いてくださった方が、「日本共産党はいいこといっているよね。いつも応援しているよ」と熱心に応援してくださいました。
 運転手をしていただいた方には、とてもおいしいラーメンを食べさせていただきました。
 皆さん、本当にありがとうございました。

尾張中部地区委員会で「青年講座―地方自治ってなあに?」~講師は伊藤けんじ市議~

 夜は、伊藤けんじ春日井市議が講師の「青年講座―地方自治ってなあに?」の学習会に参加しました。
 春日井市内の水の利用実績をみても、徳山ダムの導水路は、必要ないことや、塩漬けになっている土地問題を一貫して議会でとりあげてがんばる日本共産党市議団の役割などお話いただきました。
 春日井市のリアルな実態がわかって大変おもしろく学ばせていただきました。

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)